おちり倶楽部。へようこそ!

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スミレの誕生日 - 2015.05.20 Wed

スミレがもし生きていたら、今日は6歳の誕生日でした。
もうスミレの可愛い体に触れることはできないけれど、この世に生まれてきてくれて、そして私と出逢ってくれて、たくさんの幸せをくれたスミレに感謝して誕生日を祝おう。


P5191189.jpg
そう決めて昨日買った花は、私の大好きな「芍薬」です。


 


P5191190-2.jpg
小さな花器なので、葉はすべて取っちゃったけれど、
うんうん♪かわいい~

しばし眺めながら、シャクヤクって蕾の状態も素敵よね~、ウットリ。
などと思っていたのですが、今朝なんと…





P5201236-2.jpg
どわっ
めっちゃ開いてました

リビングのあたたかい(というかこの時期すでに暑い)所に飾っているので、すぐに開いてしまうのですよね…。
それに今また見たら、さらにパンパン。
まるで子供の頃に作った、花ちり紙の紙花みたい(笑)。

まあ、お誕生日に満開ということで、スミレも喜んでくれている…かな?




P5201205.jpg
芍薬を見ていて思い出すのは、スミレの羽衣。
背中にお花背負ってたスミレちゃん





【2012年7月 撮影】
P7099696m-a.jpg



スミレちゃん、ママンのお友達がね、「虹の橋」は自分の内側にあるんじゃないかって教えてくれたの。
ママンは、ハッとしたよ。
そうか、そういうことなのかって。
今まで虹の橋って、いまいち共感できずにいたんだけれど、すごく納得したの!なるほど~って。
虹の橋ってメルヘンな話でもなんでもなくて、実際にあるんだねぇ。
だってママン、胸の中で感じるもん。

スミレちゃんは、ママンが今まで泣いてばかりだったから、「雨降り地区」で大変だったね。
ママンの心の中で生きてるスミレちゃんは、ママンの涙でビショビショだ。






【2009年7月 撮影】
P7250107m-a.jpg
「ほんとよ~、スコール並みよ~」


な~んて、水浴びしたスミレちゃんの写真で遊んじゃうママン。
これからもスミレちゃんの話、いっぱいいっぱいしちゃうもんね~~

だって、これからも一緒だもの。
スミレはずっとそばにいるんだもんね。










さて、ジュニちゃんと記念撮影しておこうかね。
はいスミレちゃん、お誕生日おめでとう~~~~
P5201227.jpg
「ママン?ぼくも先月4歳になったんだよ」
うん、そうだったね~。

今さらなので、こっそり報告。

私がブログをサボっている間に、ジュニオは無事、4歳を迎えることができました。
ジュニオに会いに来て下さる皆さま、いつも応援ありがとうございます♪
4歳になっても永遠の3歳児ジュニオのことを、これからも一緒に見守ってくださると嬉しいです





にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。
スポンサーサイト

ジュニオのおしゃべりとスミレの思い出 - 2015.05.13 Wed

休日になると、何かとパパを呼ぶジュニオ。
でも私が、「パパーって言ってごらん、パパーって」と教えたものだから、忠実に「パパーって」と言うようになってしまいました(笑)。


少し前の動画ですが、隣にいるパパを「パパーって」と呼ぶジュニオです。
そして後半13秒からは、ジュニオの「パパーって」に、電子レンジの音で対抗するスミレの思い出動画です。





「私もジュニオみたいにお喋りしたい!」とでも思ったのか、スミレが頑張って喋ろうとしている時期がありました。
結局すべて電子レンジになってしまい、お喋りはできなかったのですが、その果敢に挑戦している姿が健気というか、とても愛おしくて、今でも瞼に焼き付いています。
あぁ、可愛かった私のスミレ。。。
でももしかしたら、ジュニオのお喋りに過剰に反応して喜ぶ私を見て、寂しかったのかな…。
そんなことを考えると、また涙してしまったりして…

もう泣いてばかり。
まったくどうしようもないですね
この頃はそんな私に、さすがの旦那さんも呆れ顔







2009年の5月に生まれたスミレ。
そして2ヵ月後の7月に我が家にやってきました。
それからというもの私はスミレの可愛い姿を残しておきたくて、毎日何枚も何枚も写真を撮りました。

スミレが天国に旅立ってから暫くの間は、つらくて見ることができなかったのですが、最近は過去の写真を整理しながら、あぁ、こんなこともあった、あんなこともあった…と、色々な思い出が蘇ってきて、前よりもあたたかい気持ちでスミレの写真を見ることができるようになっています。



スミレの記念すべき1枚目
初めてスミレを撮った時のものです♪
P7050002m-a.jpg
【2009年7月5日 撮影】
わぁ、幼い~~~~
まだコンデジだったし、ピントも合っていなくてブレブレだけれど、大切な思い出の写真



P7050006m-a.jpg
あぁ!やってたやってた、パパのヒゲ抜き(笑)。
頭のつむじも、まだ生えそろっていなくて、スミレ若いなぁ



P7110015m-a.jpg
小さい時はベタベタでも、大人になるとドライといわれるセキセイ女子。
ママン大好き!なスミレが、パパの指でのカキカキを許していたのも、幼かったこの時期でした。



でも最後の最後で、またパパにカキカキさせてあげてたね。
スミレちゃん、もうすぐお別れって分かってたの?
だからパパに抱っこされにいったの?
スミレちゃんは自分に残された時間が分かっていて、それでパパとママンに色々なことをしてくれてたんじゃないかって考えると、ママンは今でも胸がキューって締め付けられるよ。
スミレちゃんは本当にパパとママン想いの優しい子だったものね。
スミレちゃん、ありがとう。




どうしても後半の闘病してた頃の記憶が鮮明に残ってしまっているのですが、過去の写真を振り返っていて、ようやくこの頃、スミレとの楽しかった日々を思い出せるようになりました。

これからも私は、スミレのことを想っては胸が苦しくなったり、涙したりするかもしれない。
でも、それだけ愛した存在が私にはいたのだと思うだけで、今日も私は前を向いて歩いていける




だから今、大切な子をなくして、苦しみの中にいる飼い主さんがいたら伝えたい。
今はつらいけれど、何を見ても悲しくて涙が止まらないけれど、でも、その子との楽しかった日々を、その子のためにも思い出して!
そしたらずっと、これからもずっとずっと、その子はあなたの心の中で生き続けるよ。
いつだって、あなたのそばにいるよ。




miss u baby
Etsy.com (ursula dodge design studio)





にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。

花の力とスミレに願いを - 2015.05.02 Sat

P5011120-3.jpg
スミレに向日葵を買いました。

今まで花を買うような習慣はなかったのですが、スミレが天国に旅立ったのをきっかけに、絶えず花を飾るようになりました。




🌻🌻🌻




P1240982.jpg
このお花は、スミレが逝ってしまった後、改めて病院に挨拶に伺った時にいただいたもの。

誰よりもスミレのことを分かっている先生と、看護師さんが選んでくれたブーケは、見た瞬間に“スミレっぽい!”と思わず叫んでしまうような、ブルー×ピンクの可愛いブーケ

スミレの思い出話をすると、サバサバとしたカッコイイMai先生の目に涙が滲んで、あぁ、主治医がMai先生で本当に良かったと、心の底から思いました。 



P1240987a.png
看護師さんからは、手作りのクッキーもいただきました。
パティシエ並みの味にも感動しましたが、スミレの顔をかたどったものが1枚入っていて、その優しさに涙してしまいました。




P1040911.jpg
旦那さんの実家にスミレのお骨を持って帰った時には、リビングの一角に、スミレの写真が入ったフォトフレームと、このお花が置かれたスミレの場所が用意されていて、「帰る時はこのお花持って帰ってね」と言ってくれたお義母さんの優しさにまた涙しました





花は、本当に心を癒してくれますね。
どこかに外出したら、スミレに花を買って帰るということが、すっかり習慣になりました。
flowers1.jpg







ということで、今回はちょっと気が早いかしらと思ったけれど、向日葵です♪
P5011136.jpg
ひまわり大好き

そうそう、この向日葵の下に敷いている菫色の布は、たいせつな鳥友さんからいただきました♪
なんと手作り!機織りの作品を頂戴してしまったのです!!

落ち込んでいる私を慰めようと、他にも白樺のカゴやスイーツやジュース、チョコレート、、、
たくさんの贈り物をくださいました。

どんなに悲しくても、この時ばかりはパッと笑顔になるので、私は「笑顔の定期便」と心の中で呼ばせてもらっていました
本当に定期便というくらいにたくさんいただいてしまって
私の悲しい気持ちに寄り添ってくれた鳥友さんの優しさに、どれだけ救われたことか。。。
本当にありがとうございました






さてさて、向日葵をさっそくスミレちゃんに…


P5011147.jpg
う~ん、ちょっとスミレちゃんに向日葵は似合わないかなぁ~?

まいっか。
いいよね、スミレちゃん?

私はこの場所で、スミレに話しかけるようになりました。
いつも色々と話しかけてしまいます。
心の中で話しかける時もあるし、声に出すことも。

でも声に出す時は、「スミレちゃん」という言葉は使わないようにしています。
だって、ジュニオが「スミレちゃん?!スミレちゃん帰ってきたの?!」となってしまうので




🌻🌻🌻




スミレちゃん、そちらの暮らしはどうですか?
スミレちゃんに会いたいよ…。


PB077449m-b.jpg
【2010年11月撮影】

ママンはね、スミレちゃんの何気ない仕草が大好きだったの。
そう、こんな風に羽繕いしている姿がね。
スミレちゃんがパパやママン、そしてジュニちゃんのこと、いつもそばで見守ってくれてるって分かってるよ。
スミレちゃん、大好き。





今私がスミレにお願いしていることはただひとつ。
大切なお友達のマメちゃんが、元気になって帰ってきてくれますように。
ぜったいに戻ってきてくれると信じています。




にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。

お久しぶりです - 2015.04.17 Fri

すっかりご無沙汰してしまいました。
久しぶりの更新に、ちょっぴり緊張のママンです。


4ヵ月前、かけがえのない存在だったスミレを亡くし、私はしばらくの間、泣いて泣いてこれでもかというくらいに泣いて、それでも涙が枯れるなんて事は全然なくて、“いつかお別れの時はやって来る”というそんな当たり前の事、理解していたはずだったのに、スミレがそばにいない現実が受け入れられずに、やっぱり泣いてばかりの毎日でした。

闘病続きだったスミレ。
いつか天国に送り出す日が必ずやって来る。
解っていても、それがずっと恐怖でした。
そう遠くはないであろう最期の時が、ずっと怖かった。
こんなにも大切な愛おしい存在を失うなんて、とてもじゃないけれど考えられませんでした。

でもそれ以上に強く思っていたことは、最期の瞬間、絶対にそばにいたいということ。
いない間にとか、見ていない時だなんて、ぜったいにイヤだ。何が何でも見届けたい。そばにいたい。
抱っこしながら、「スミレちゃん今までありがとう。本当にありがとう」と、たくさんたくさんお礼を言って、天国へ送り出すんだ!と。

そして最期の時、家族みんなが揃っている所で、抱っこした手の中から旅立つスミレを見送り、無事に最後まで見届けることができたと思ったら、実際とてもつらくて悲しかったけれど、でも同時にとても安堵しました。



P3171052-2.jpg
ピンクとグレーでまとめたスミレの場所。
今まで通り、そしてこれからもスミレの場所



P1040918.png
スミレの羽根を、ラベンダーと一緒にアンティークボトルに入れました
羽根を見るだけで涙がこぼれる毎日でしたが、ようやくこうやって飾れるようになりました。




4ヵ月経って、今思うこと。

最高のお別れだった 最高のタイミングで見送ることができた 悔いなんて何一つない これでよかったのだ


いや、細かいことを言えば、最後くらい薬水じゃなくて真水をあげればよかったとか、大好きだった“大好きん”というオヤツを、最後なら心ゆくまで食べさせてあげればよかったとか、そういった小さな後悔はたくさんあるのですけれど

でもそれなりに納得ができるようになったら、私は少しばかり“燃え尽き症候群”のようになってしまい、しばらく何もやる気が起きませんでした。
毎日なんとなく生きている…。
それは情けないほどの体たらくぶり
でもその間にも確実に時は過ぎ、桜の花が咲いて、そして散って、緑の葉が色づき、日が伸びてきて、、、

そしてこの頃、私はやっと重たい腰を上げて、家でできる範囲ですが、またデザインの仕事を少しずつ始めたりして、新しい生活をスタートしました




スミレちゃん、ママン頑張るよ。




そうそう、過去のブログを見ていたら、探していた写真が見つかりました

P9010937ーm
得意のドヤ顔




遺影に使いたいと思って探していたのだけれど、実際に使った写真と並べると、角度もポーズもよく似てる。
P4280894-P9010937ーm
【2011年4月】 と 【2012年9月】に撮影。

「あたち可愛いでしょ?」というお得意のポーズだったのよね



あぁ…、こうやってまたスミレの記事を書いたり、過去の写真を見ていると、ふいに胸が苦しくなります。
今でも突然、「スミレがいない?!なんでスミレがいないの?!」と動揺してしまう事も。
私のことを、あんなにも必要としてくれた子が、もういないなんて。。。




ママンがチュ~ってすると、それ以上にチュウ~~~って返してくれたスミレちゃん
そう、ちょうどこんな顔で(笑)。
PB187604ーm
【2010年11月】


スミレちゃん…最期の最後の瞬間に、「スミレちゃん!!」と叫んだママンの声が聞こえましたか?
ママンの顔と声が、最後にスミレちゃんに届いてたらいいな。
ママンは今でも、心の中がスミレちゃんでいっぱいだよ。
これからもずっとずっと愛してるよ。




+++



この度ブログも、すでにまちまちの更新になりそうな予感大なのですが、再開することに致しました。
そのうちにセキセイのカテゴリーからは外れて、マメルリハとインテリアだけにする予定ですが、たまにスミレの思い出話も交えながら、これからもスミレを応援してくださった皆さまとは仲良くさせていただけたら嬉しいです

大好きなセキセイインコ❤
どうぞこれからも、皆さまのセキセイちゃんを、応援させてくださいね♪





にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。

コメントをくださった皆さまへ - 2014.12.28 Sun

わぁ~ ひらひらしていて天使みたい!
なんて可愛いのぉ❤



そう思ってお迎えした、羽衣セキセイインコのスミレ。
スミレは、本当に天使になってしまいました。




火葬前の最後のお別れ。
IMG_1166d.jpg
私は何度も何度もスミレを撫でて、スミレの体とサヨナラしました。




火葬後、スミレは小さな小さなお骨となって、私の元へと戻ってきました。
亡骸はあんなに悲しかったのに、お骨になったら永遠に一緒というか、私の体の一部になったような気がして、その日はもう不思議と涙は出ませんでした。



スミレちゃん、頑張ったね~。
えらかったよ。
もう苦しくないよね。
これからもずっと一緒だよ。




スミレの葬儀が終わった帰り道、ふと空を見上げると、スミレの胸のブルーを思わせるような青く青く澄んだ空が、どこまでも広がって見えました。






翌日。
PC250869-2a.jpg
いただいたお花に囲まれて眠るスミレ。
スミレの羽色を思わせるような薄紫とブルーとホワイト。
それに、スミレの好きなピンク色!
どれもスミレにピッタリのアレンジメントで、お友達の優しさに涙が止まりませんでした。

ユカリさんちゅん子さんりっこさん、ありがとうございました。



PC270882-3a.jpg
ママン家初のプリザーブドフラワー!
Rakuちゃん、ありがとうございました。




そして。



~コメントをくださった皆さまへ~


前記事では、スミレにあたたかなメッセージをたくさんたくさんいただき、本当にありがとうございました。

いつも見守ってくださっている方々、懐かしいお名前、初めてコメントくださった方、、、
皆さまからのお言葉に、どれひとつとして涙しない日はありませんでした。
改めて色々な方々に支えられていたことを実感し、そして感謝しています。

今でも1日に2~3回は、スミレが恋しくて泣き崩れてしまうのですが、そんな時に、いただいたコメントを読み返しては励まされています。
もうかれこれ20回以上は読んでいるでしょうか。。。
本当にどれだけ力をもらっていることか。

それなのに、お返事が遅れていて申し訳ありません。
頂戴したコメントを拝見する度に、胸がいっぱいになってしまって、まだうまく言葉にすることができません。

でも必ずおひとりおひとりに、お返事させていただきます。
時間がかかってしまうかもしれませんが、コメントをくださった方は、ふと思い出した時でけっこうですので、またコメント欄にお越しいただけると嬉しいです。








葬儀の際の遺影にも選んだ、私のお気に入りの写真です。
みなさん ありがとう!
「あたち可愛いでしょ?」とでも言っているような、このドヤ顔が好きでした。
でも今は、皆さんへの感謝を述べているようにも見えるのです。

「みなさん、いままであたちのことを見守ってくれて、ありがとうございまちた」




どうぞ皆さまと皆さまのインコちゃんが、これからもずっと健やかでありますように





ポチッと押してね♪
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

sumiremaman

Author:sumiremaman
東京都在住。
大好きな小鳥とインテリアと趣味の海外旅行などについて、アレコレ気になったことを綴っています。



■スミレについて
羽衣セキセイインコ 
怖いもの知らずで人間がだぁ~い好き♪な女の子。
感染症、呼吸器、生殖器、消化器、数々の病気を乗り越えてきた頑張り屋さん。
※2014年12月20日 天使になりました。
享年5歳と7ヵ月でした。


■ジュニオについて
マメルリハインコ
カキカキとおしゃべりが大好きな甘えん坊の男の子。
ヒマワリと歌をこよなく愛するピースフルなキャラクター。


■スモモについて
モモイロインコ
困るくらいにママンにベッタリの甘えん坊。 
ショップにいた期間が長かったので、得意なおしゃべりは「こんにちは」と「バイバイ」
ツーステップを踏みながら「こんにちは~」頭をフリフリしながら「バイバ~イ」
愛嬌ある男の子です。

script*KT*

月別アーカイブ

カテゴリ

小鳥 (235)
ジュニオ (68)
スモモ (5)
スミレ (134)
スミレ闘病 (10)
小鳥用品 (39)
インテリア・雑貨 (58)
モビール (4)
カッティングシート (4)
グリーティングカード (11)
トップ画像 (2)
掲載誌 (4)
Travel.旅行 (115)
フランス (29)
スイス (4)
モナコ (1)
イタリア (6)
スペイン (1)
ギリシャ (15)
モロッコ (1)
トルコ (2)
ドバイ (1)
アメリカ (13)
カリブ海 (2)
フィジー (1)
セイシェル (8)
台湾 (5)
フィリピン (7)
タイ (1)
インドネシア (1)
国内 (13)
Food.食 (17)
Health & Beauty.美容 (4)
ファッション (11)
ビーズ (9)
犬 (19)
金魚 (2)
大事なこと (6)
お友達 (26)
はじめまして (2)
未分類 (28)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。