おちり倶楽部。へようこそ!

2011-10

すごい開脚 - 2011.10.31 Mon

スミレにオモチャを買いました。
PA314791.jpg
普段あまりオモチャで遊ばないスミレですが、これならきっと夢中になるはず。
だって下に付いてるカゴにオヤツが入れられるから。
早速、中にオヤツを入れてケージにセットしてみました。




お腹ペコペコスーちゃんは、あっという間に見つけましたよ。
PA314787.jpg
「あ。オーツ麦だ」




でもグラグラしていてなかなか食べられません。
ブランコが好きでないスーちゃんは、グラグラするオモチャもやはり苦手の様子。
PA314788.jpg
イライラしてブンブン振り始めました。




と思ったら…
PA314796.jpg
「えい!」
あ、乗った。 でもこの直後…

「バサバサッ」

あ、落っこちちゃった(笑)。
何度やってもウマく乗れないスミレ。
んー…コレそんなに難しいかなぁ???


でも。


スミレは考えた。
スミレはスミレなりに考えた。
「あたち どうしたらオーツ麦が食べられるのかちら???」




「あ、そっか。」
PA314807-2.jpg
「こうすればいいんじゃ~ん♪」




「んまんま♪」
PA314839-2.jpg
おぉ~、、、すばらしい開脚。。。しっかり固定できています。
この大股開き作戦に、ママンは感心してしまいました。
その体の柔らかさ、分けてほしい…。


スミレ、とっても元気です♪





ポチッとおねがいします♪
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。


スポンサーサイト

北フランス旅行 ~ノルマンディー地方 トゥルーヴィル・シュル・メール~ - 2011.10.27 Thu

ノルマンディーに着いてから2日目。
ドーヴィルから隣町のトゥルーヴィルへ遊びに行きました。
P9194151.jpg
ベルジュ橋を渡ればそこは…




やってきました!トゥルーヴィルです。
P9194104.jpg
さっきまで晴れていたのに、ドシャブリなんですけど。 旗破れてるし




そうそう、私がトゥルーヴィルに来たかったワケは、レイモン・サヴィニャックのこのポスターを見たかったから。
P9194103.jpg
夏好きで鳥好きなら、たまらないでしょう?(笑)



でもそれだけではなくて、見ていてなんだか心の奥がキュッとする。。。そしてクスッてなって、イヒヒってなって、、、ワクワクする❤(意味不明)
これを見ていると、一瞬で頭がリゾートへとtripしてしまうんです。

そんな彼のユーモアでエスプリのきいた作品は、壁画をはじめ、ブティックの看板、カフェについてくるチョコレート等々、ここトゥルーヴィルの至る所で見ることができ、さながら街全体が彼の美術館のよう。




海辺のプロムナードには、サヴィニャックのポスターが並んでいます。
P9194107.jpg



P9194120-2.jpg P9194124-2.jpg
P9194123-2.jpg P9194119-2.jpg




そしてホテル「フローベール」の壁画も。
P9194110.jpg
なんだか熟睡できそうなホテルですね。
私もこうやってスミレの背中に顔をうずめて眠ってみたぁ~い!



生粋のパリジャンだったポスターアートの巨匠レイモン・サヴィニャック。初めて見た海がトゥルーヴィルだったとか。彼は72歳から亡くなるまでの22年間をここで過ごし、多くの作品を残したそうです。




そしてポスターに必ずといっていいほど登場してくるカモメ。
P9194125.jpg
ここトゥルーヴィルは本当にカモメがい~っぱい!




シーズンオフのビーチを占領するカモメたち。
P9194131.jpg
もう本当に人がいなくて、閑散としていて、聞こえてくるのは波の音とカモメの声だけ。そして雨が降っていて…いい所だぁ(笑)。




さてここで、ちょいと疲れたので「ル・サントラル」でランチ。
P9194150.jpg
ここに決めた理由は、他の方のブログで評判がよさそうだったから。
そして実際、地元の人がたくさん入っているように見えたから。


「海辺の高級リゾート」であるドーヴィルに比べて、トゥルーヴィルは昔ながらの活気ある商店や、親しみやすいカフェやブラッセリーが並ぶ「庶民的な港町」。ブラッセリーのメニューも郷土料理が中心で、お値段も良心的です。



オーダーしたのはカキと♪
P9194145.jpg




ムール貝❤
P9194142.jpg
このキャセロールが大きくてね~…
どのくらい大きいかというと、、、



このくらい。
P9194148.jpg
こんなですよ、こんな! コレ底上げしてないんですよ。
私はスモールジャパニーズ最後の世代って感じで(最近の子大きいよね!)たしかに小柄ですけれど、でもコレ大きいですよね?
ちなみにムール貝といえば付いてくるフライドポテトもこんなドッサリですよ。。。
まあ全部食べましたけれど。余裕で。




飲み物はもちろんシードル。 本当はカルヴァドスも飲みたかったけれど、片頭痛がね…(泣)
P9194139.jpg
このシードルが激ウマでした!
あの~あれですね、日本で売ってるのはシードルじゃないですね。あれはジュース。
本当のシードルってビールみたいな味で甘くないんです。本当に美味しかった~~~♪




さてさて、ランチの後はまたプラプラと散歩。
人がまったくいない、9月半ばのトゥルーヴィル。
P9194138.jpg
教会をパシャリと撮っていた頃、青空が見えてきました。




と思ったらまた雨 さて。ドーヴィルに戻るその前に、アレを買って帰らなければ。
P9194101.jpg
それはこの老舗の…あ、トラックが邪魔。




食後のデザート♪
P9204161.jpg
これまた他の方のブログで美味しそうだったので、、、
「ヴ ザヴェ ユヌ タるト ポム?」 と 「ドゥ タる ト ポム スィル ヴ プレ」
だけは必死に覚えて買ってきました(笑)。 




そうです、いひひひ~。
P9204174.jpg
リンゴのタルトです 
うまうまうま~~♪



晴れたり、曇ったり、雨が降ったり。一日のうちに天気がコロコロ変わって傘がずっと手放せずにいたノルマンディーでしたが、海岸を馬が走る美しい景色は、プロヴァンスとはまた違う、今まで見たことのないフランスを感じさせる魅力溢れる場所でした。

あ!あとカマンベールチーズが美味しかった!!





ポチッとおねがいします♪
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。


ブランコ作りました - 2011.10.25 Tue

トゥルービルの写真が整理できな~い!
などと焦ってる合間に、急遽ジュニオのブランコを作ることになってしまった私ママン。

ジュニオのブランコは2つあるのですが、1つのブランコはどうも興奮してしまうらしく、首をクネクネおちりスリスリ…しちゃうんですよねぇ。。。
で、もう1つのブランコをずーっと使っていたのですが、とうとうそのブランコにもクネクネクネクネ…
ど、ど、どうしよーーー



ってことで、ソッコー作りました。 30分くらいでね!
PA254633.jpg
おちりスリスリしないように、乗る所はストレートな丸棒ではなく、骨の形をしたワンコ用の齧れる木のオモチャを使いました。
これは以前、スミレが転がして遊べればと買ったものなのですが、もちろんすぐに飽きまして(笑)。まあ乗って羽繕いとかしてたけど。
あとは紙ヒモと煮豚用の糸と残しておいたオモチャのパーツ。そして鈴とカラビナです。
テキトーに作ったわりには、まあまあかな?




それにしても作っているそばからワクワクしていたジュニオ。
パパと遊んでいてもブランコが気になって仕方のない様子です。
PA234623.jpg
そして出来上がった途端、飛び乗ってきました^^
ジュニちゃん、自分のブランコだって分かるのぉ? うふふ、か~わい~んだ❤




ケージの中に入れても…
PA254666.jpg
怖がらずに気にってくれたみたいです♪




でも、、、
PA254667.jpg
クネクネスリスリしちゃダメよ(笑)。




あ。
PA254650.jpg
乗るトコちっがーう!





ポチッとおねがいします♪
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。


北フランス旅行 ~ノルマンディー地方 ドーヴィル~ - 2011.10.22 Sat

後ろ髪を引かれながらも「パリの鳥市」を後にして、再び列車に乗ること約2時間。
ノルマンディー地方のトゥルーヴィル・ドーヴィル駅に到着しました。
P9204199.jpg
真ん中に怪しいアジア人が写っていますが(旦那さん)、気にしないでください。。。
フランスって駅もカワイイな~。



駅構内にあった地図もカワイイ~。
P9194056.jpg
真ん中の川を挟んで左側がドーヴィル。そして右側がトゥルーヴィル。




まず目指すは、宿泊先に選んだホテルのあるドーヴィルへ。
P9194091.jpg




ドーヴィルは、『ノルマンディー海岸の女王』と謳われる、港、カジノ、ホテルを擁するリゾートの街。
P9194153.jpg



“地球の歩き方”によると、、、
クロード・ルルーシュの映画「男と女」で知られる世界的なリゾート。保養地となったのは1860年のこと。それからというもの、夏は映画祭、競馬、馬の競売会、クリケット競技会、カジノでの賭博が催され、パリに代わってフランス社交界の中心となり、上流階級の人々が集まるリゾート地として世界に知られるようになった。
とあるけれど。。。ふむふむ。



シーズンオフだったので、ガラ~~~~ン・・・。
P9194094.jpg
いやぁ、人混みが苦手なのでよかったよかった。
とにかく広~~~いドーヴィルの海岸は、馬も走っていたりしてなんだかノスタルジック。




海岸沿いには「プランシュ」と呼ばれる1km以上も続く板張りの遊歩道があり、
P9194097.jpg
その横には、一つ一つに有名人の名前が付けられた更衣室がズラーっと並んでいます。
あ、アル・パチーノ。




反対側にもズラーっと。
P9194098.jpg
ジュリアン・ムーアにジェームス・ディーン…。
これってあれかしら?使用するとなると受付で、「ではお客様は本日アル・パチーノをお使いください」 とか言われちゃうのかしら??ぷぷぷ。




道路沿いには別荘…かな? いいねー、こんな高級リゾート地に別荘だなんて。く~っっ
P9194099.jpg
それにしても怪しい雲行き…。これぞノルマンディーって感じです(笑)。
行った時は、大体朝と夕方は晴れていて、昼間は雨でした…。くすん。




上の別荘と同じく、ノルマンディー様式の木造建築が美しいデパート「プランタン」。
P9194071.jpg
銀座プランタンとはだいぶ違いますね。




有名ブティックもノルマンディー様式。
P9194077.jpg
こちらはエルメス。




P9194073.jpg
そしてこちらはルイ・ヴィトン。




そしてそして、見えてきました~。
P9204193.jpg
こちらが宿泊したホテル♪




いひひひひ~。
P9194070.jpg
「ノルマンディー・バリエール」です!!

不朽の名作「男と女」(見てないけど)にも登場した、2012年で100周年を迎える由緒正しき歴史あるホテル。
外観はノルマンディー様式が美しく、館内はクラシカルで豪華。目の前には海が広がり、周りには高級ブランドショップが立ち並ぶ、ノルマンディー海岸で初めて5ツ星を獲得したホテルです。



ところで。
今回の北フランス旅行では、日本人を見かけることが全くなかったのですが、唯一このホテルで見かけました。それも知ってる人。(向こうは私のこと知らないと思うけど)
以前勤めてた会社の会長のご友人で、パリと日本を行き来している有名な方なのですが、まさかこんな所で見かけようとは。
もう心臓が飛び出るかと思うくらいにビックリしたー。だってパリならまだしもドーヴィルって…。
いや~世界って狭いね!(おい)




そうそう!このホテル。アメニティのひとつにエルメスの香水が!
P9204186-2.jpg
これって帰りの機内で見たけれど、この小さなボトル3本セットで9,000円でしたよ!
ってことはこれ一本3,000円…。こんなに小さいのにっ?!
それも寝室のサイドテーブルに置いて使っていたら、翌日バスルームにまた一本追加されてるしっ
ありがたくもらって帰りまちた。


…とまあゴージャスなホテルに泊まりながらも、最後はセコイ感じで終わるところが育ちの悪さを感じさせますが、このリュクスな香りにエレガントでノスタルジックなドーヴィルへの思いを馳せつつ、次回は隣町のトゥルーヴィルに遊びに行った記事を大急ぎでまとめたいと思います。

あ。今回鳥ネタがまったくなかった。。。





ポチッとおねがいします♪
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。



スミレのその後 - 2011.10.19 Wed

Nonさん、楽しい時もツライ時も、いつもそばに寄り添ってくれてありがとう。
羽ちゃん、忙しいのにいつも相談にのってくれてありがとう。
colorkoさん、同じ女の子を持つママとして、いつも話を聞いてくださってありがとうございます。
皆さま、スミレのことで不安になる度にお優しいコメントをいただき、本当に本当に感謝しています。

8月半ばにかなり凹み記事を書いていた私ですが、皆さまからのあたたかい励ましにより、今まで以上に奮起し、より一層の努力で発情抑制に勤しんでいます!


その甲斐あって、私の所へやってくるスミレは、
PA194614.jpg
凛とした表情を見せてるかと思いきや…




PA194608-2.jpg
「キャッキャッ」と、まるで幼い女の子のようにはしゃいだり、




PA194611.jpg
ゆったりとくつろいだり。




たまにママンのエプロンのボタンに、
PA194606.jpg
点目になって怒ったりしてますが(笑)、




とっても元気です♪
PA194615.jpg
「あたち元気です」


あれから産卵することもなく発情も落ち着き、なんだかスーちゃんとってもいい感じなのです♪
あーこれが普通の状態なのかー・・・と思うことも最近はよくあり、精神的にも(私の)穏やかな毎日を送っています。

発情抑制には試行錯誤、何でもすぐに克服してしまうスミレとは、毎日が本当に知恵比べなのですが、、、
どうやら 「ある事」 がスミレには効果的のようで。

しかし始めてからまだ数週間…。ブログに書いた途端、状況が変わるなんてこともありますし、なんといっても手強いスミレなので、まだまだ予断は許しませんが。。。
これからの本格的な寒さに向けて、スミレの体調管理により気を配りつつも、いつかその効果のほどをご報告できればいいなと思っています。





ポチッとおねがいします♪
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

sumiremaman

Author:sumiremaman
東京都在住。
大好きな小鳥とインテリアと趣味の海外旅行などについて、アレコレ気になったことを綴っています。



■スミレについて
羽衣セキセイインコ 
怖いもの知らずで人間がだぁ~い好き♪な女の子。
感染症、呼吸器、生殖器、消化器、数々の病気を乗り越えてきた頑張り屋さん。
※2014年12月20日 天使になりました。
享年5歳と7ヵ月でした。


■ジュニオについて
マメルリハインコ
カキカキとおしゃべりが大好きな甘えん坊の男の子。
ヒマワリと歌をこよなく愛するピースフルなキャラクター。


■スモモについて
モモイロインコ
困るくらいにママンにベッタリの甘えん坊。 
ショップにいた期間が長かったので、得意なおしゃべりは「こんにちは」と「バイバイ」
ツーステップを踏みながら「こんにちは~」頭をフリフリしながら「バイバ~イ」
愛嬌ある男の子です。

script*KT*

月別アーカイブ

カテゴリ

小鳥 (235)
ジュニオ (68)
スモモ (5)
スミレ (134)
スミレ闘病 (10)
小鳥用品 (39)
インテリア・雑貨 (58)
モビール (4)
カッティングシート (4)
グリーティングカード (11)
トップ画像 (2)
掲載誌 (4)
Travel.旅行 (115)
フランス (29)
スイス (4)
モナコ (1)
イタリア (6)
スペイン (1)
ギリシャ (15)
モロッコ (1)
トルコ (2)
ドバイ (1)
アメリカ (13)
カリブ海 (2)
フィジー (1)
セイシェル (8)
台湾 (5)
フィリピン (7)
タイ (1)
インドネシア (1)
国内 (13)
Food.食 (17)
Health & Beauty.美容 (4)
ファッション (11)
ビーズ (9)
犬 (19)
金魚 (2)
大事なこと (6)
お友達 (26)
はじめまして (2)
未分類 (28)