おちり倶楽部。へようこそ!

2014-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントをくださった皆さまへ - 2014.12.28 Sun

わぁ~ ひらひらしていて天使みたい!
なんて可愛いのぉ❤



そう思ってお迎えした、羽衣セキセイインコのスミレ。
スミレは、本当に天使になってしまいました。




火葬前の最後のお別れ。
IMG_1166d.jpg
私は何度も何度もスミレを撫でて、スミレの体とサヨナラしました。




火葬後、スミレは小さな小さなお骨となって、私の元へと戻ってきました。
亡骸はあんなに悲しかったのに、お骨になったら永遠に一緒というか、私の体の一部になったような気がして、その日はもう不思議と涙は出ませんでした。



スミレちゃん、頑張ったね~。
えらかったよ。
もう苦しくないよね。
これからもずっと一緒だよ。




スミレの葬儀が終わった帰り道、ふと空を見上げると、スミレの胸のブルーを思わせるような青く青く澄んだ空が、どこまでも広がって見えました。






翌日。
PC250869-2a.jpg
いただいたお花に囲まれて眠るスミレ。
スミレの羽色を思わせるような薄紫とブルーとホワイト。
それに、スミレの好きなピンク色!
どれもスミレにピッタリのアレンジメントで、お友達の優しさに涙が止まりませんでした。

ユカリさんちゅん子さんりっこさん、ありがとうございました。



PC270882-3a.jpg
ママン家初のプリザーブドフラワー!
Rakuちゃん、ありがとうございました。




そして。



~コメントをくださった皆さまへ~


前記事では、スミレにあたたかなメッセージをたくさんたくさんいただき、本当にありがとうございました。

いつも見守ってくださっている方々、懐かしいお名前、初めてコメントくださった方、、、
皆さまからのお言葉に、どれひとつとして涙しない日はありませんでした。
改めて色々な方々に支えられていたことを実感し、そして感謝しています。

今でも1日に2~3回は、スミレが恋しくて泣き崩れてしまうのですが、そんな時に、いただいたコメントを読み返しては励まされています。
もうかれこれ20回以上は読んでいるでしょうか。。。
本当にどれだけ力をもらっていることか。

それなのに、お返事が遅れていて申し訳ありません。
頂戴したコメントを拝見する度に、胸がいっぱいになってしまって、まだうまく言葉にすることができません。

でも必ずおひとりおひとりに、お返事させていただきます。
時間がかかってしまうかもしれませんが、コメントをくださった方は、ふと思い出した時でけっこうですので、またコメント欄にお越しいただけると嬉しいです。








葬儀の際の遺影にも選んだ、私のお気に入りの写真です。
みなさん ありがとう!
「あたち可愛いでしょ?」とでも言っているような、このドヤ顔が好きでした。
でも今は、皆さんへの感謝を述べているようにも見えるのです。

「みなさん、いままであたちのことを見守ってくれて、ありがとうございまちた」




どうぞ皆さまと皆さまのインコちゃんが、これからもずっと健やかでありますように





ポチッと押してね♪
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。
スポンサーサイト

ご報告。 - 2014.12.22 Mon

2014年12月20日(土) 17時35分。
とうとうスミレが逝ってしまいました。。。


最期は、旦那さんと私の手の中で旅立ちました。


今スミレは、大好きだったピンクのキャリーの中で、ピンクの花いっぱいに囲まれながら眠っています。
明日23日の火葬の日まで、スミレとゆっくり過ごすつもりです。





たくさんの病気と闘ってきた最期の日のスミレを書き留めておきたくて、ここに綴ります。
長いですが、よろしければ読んでやってください。







その日は、病院に12:00の予約で利尿剤の注射を打ちに行く日でした。
キャリーが大好きで、お出かけが大好きなスミレは、出かける準備をし始めるといつも、ピィ♪ピィ♪とワクワクしながら待つのですが、この日は、「ん?お出かけかな?」と少しソワソワしたものの、また背眠してしまいました。

あれ?とは一瞬思いましたが、同じような事が最近は何度かあったし、それでも病院に行けば必ず元気になったので、また復活してくれるだろうと信じ、寝ているスミレを起こして連れていきました。

土曜日は旦那さんが休みなので、この日は車での通院。
これまたドライブが大大大好きなスミレは、車を確認すると、とても嬉しそうでした。



病院では、「そんなにお腹は腫れていないから、今日も利尿剤は半分の量で平気でしょう」とのことでした。
お腹の水は順調に抜けていて、最近は利尿剤の注射は半量で済んでいたのです。
それに、お腹の腫れも小さくなってきていたのですが。。。


スミレは注射の後、大事をとって酸素室のあたたかい所で少し休ませてもらってから帰るのですが、待合室で待っていると、いつも以上にご機嫌のスミレが戻ってきました。
キャリーの中でキッチンペーパーの下にもぐっては、「ばぁ~♪」と看護師さんを笑わせたり、キャリーの網をつたってクルクル回って見せたり。

帰りの車の中ではもうハイテンション。
「おうちに帰れるぅ~♪」という感じでしょうか。
元気に鳴いて、ママンの指を噛んだり、カキカキしたり。
私はいつもの元気な姿に戻ったスミレを見て、「あぁ、良かった。。。お腹がまた少し楽になったんだな」と一安心しました。



家に戻ったのが、たしか14時前…くらいでしょうか。
帰ってきてからもスミレはしばらく元気で、いつものようにプラケースの中に設置したロープに逆さになり、「ミカンちょーだい」とアピールしてきました。
この時が15時ちょっと過ぎくらい。
私たちも遅めの昼食を終え、ゆっくりしていた時だったので、小指の先ほどのミカンをあげようとプラケースに手を入れた時でした。

スミレはいつものようにミカンを食べようとロープから下に降りようとしましたが、突然、足が麻痺を起こしたようで、そのまま顔から落ちてしまいました。
その時のスミレは自分でも驚いたようで、動かない体をどうしてよいか分からず、ゴロンと横に転がってしまいました。


実は、病院から戻る途中、もうすぐ家に着くという時に、翼が開いてて震えていることに気付きました。
でもこの時は、家でゆっくりすれば落ち着くのではないかと思っていたのです。


ロープから落ちてその後、なんとか体勢は取り直したものの、あきらかに体調に変化が見られました。
あんなにキラキラしていた目は虚ろで、閉じ気味になってしまい、翼を開いて体を支えないと立っていられない様子。
とてもツラそうです。
この時が15時半。
保温強化でしばらく様子を見ましたが、16時を過ぎた時点で、これはもう危ないと感じました。
そして完全に足がきかなくなり、スミレはペタンと床にお腹をつけて立てなくなってしまいました。

時間外でしたが病院に電話し、酸素缶での応急処置の方法と、移動できるようならば今からすぐに病院に向かうように仰っていただきましたが、その時スミレを見ると、スミレは明らかに私たちに訴えかけていました。



もうダメだから抱っこして



その顔を見た瞬間、私たちは無我夢中で、「ちゃんと見送らなきゃ!」と、ただそれだけでした。
旦那さんが手のひらで抱っこして、私がそこに手を添えて、スミレの顔を見ながらたくさんたくさんお礼を言いました。



スミレちゃん、ママここにいるよ!
スミレちゃん見える?!
ここにパパとママいるよ!
スミレちゃん、ありがとう。
パパとママの子になってくれてありがとう。
ずっとずっと愛してるよ。
これからも ずっとずっと愛してる。
ありがとう。
スミレちゃん、ありがとう。




何度も何度も声をかけました。
そして、体に麻痺症状が現れて、あれ?おかしい…とスミレ自身、そして私たちが思ってから、わずか2時間半。
スミレは私たちの手の中で、最期は目を開いて大きく羽ばたき、そして、静かに息を引き取りました。。。


享年5歳と7ヵ月。
たったの5年と7ヵ月で逝かせてしまいました…。
私がもっとスミレとうまく接していれば、もう少し長生きできたのかもしれません。



スミレが旅立った後、しばらくしてから再度、病院に電話をかけました。
午後の診察が始まり、忙しい時間でしたが、わざわざ先生が電話に出てくださいました。
スミレの最期の様子を話すと、「卵巣に問題があって、最後は神経まで圧迫してたのかもしれない」ということでした。

先生は、それはそれはショックを受けておられました。
だってさっき会ったばかりで、スミレはそれなりに元気だったのですから。


でも、やっぱり元気じゃなかったんですよね。。。
頑張り屋さんのスミレ。本当はツラかったのですよね。。。

今回の注射はたぶん、スミレの死には直接は関係なかったと思います。
量も半分だったし、即効性の利尿剤で、あの時間まで元気だったというのは、やはり関係なかったと。
もう何をしてもダメだったのだろうと。。。

それに翼の震えというか、下垂は、もう1か月くらい前から気になっていたことでした。
いや、翼の下垂だけではありません。
ここ1か月くらいの間に何度か、何もない所でつまずいたり、羽繕いをしている時によろめいたりしたのを目撃しました。
慌てて駆け寄り、「スミレちゃん、どしたの?大丈夫?」と声を掛けると、スミレは「えへへ、よろけちゃったー」とでも言っているかのような顔で私を見ていましたが、体のバランスがとれないスミレを見て私は、少しずつ、でも確実に体が弱ってきているのだなと感じていました。
たぶんもう、その頃から神経を圧迫し始めていたのだと思います。



今だから分かることですが、スミレは私に、「もうすぐいくよ」というサインを何度も送っていました。
そしてちょうど1週間前、これはお別れを言っているんだろうな、と決定的に思ったことがありました。

PC130699.jpg
今まで指に乗ることはあっても、手で包まれることは嫌がっていたスミレが、自ら旦那さんに抱っこされようと、手の中にグイグイ入っていったのです。
スミレは旦那さんの手が届かない足先で羽繕いをするのが好きな子でした。
旦那さんは普段カキカキさえさせてもらえず、付かず離れずの関係を好んでいたスミレなのに。


その後も、旦那さんの手に包まれたり、首元で一緒に寝たがったり。
目の前で起こっている、ありえない事態に、私は思わず夢中でシャッターを切りました。
PC140713.jpg
PC140723.jpg
PC140743.jpg

そしてこの時ふと、今逝ってしまうかも…という考えが頭をよぎりました。
私は急いで旦那さんに代わってもらい、スミレを手で包みながら、「スミレちゃん、まだ逝かないで、逝かないで」と、顔をこすりつけながらスミレに声をかけました。
しばらくしてスミレは普通に看護ケースに戻り、いつもの様子に戻りました。

でも、今だから思うのです。
あの時から、スミレは自分の残された時間が分かっていて、私たちに心の準備をさせてくれたのではないかと。
「最期はこうやって抱っこしてね」と、パパに言いに行ったのではないかと。

あの小さな体で、最後の最後まで、私たちを大きな愛で包んでくれました。
心配性で、怖がりで、すぐに凹むヘタレなママンだから、ママンが悲しまないようにと。
精一杯、私を喜ばせようと気遣い、最後の1週間は、また奇跡の復活かも、なんて思うくらいに元気な様子を見せてくれたりもしました。

本当はツラかっただろうに…。
やはり最後の1週間は、心配な事が立て続けに起こり、普通ではない状態だったと、、、今は思います。。。



PC190798.jpg
昼間、寝ていることが多くても、夜、寝室に連れていくとゴハンを食べ始めるスミレちゃん。

PC190814.jpg
私がカバーをめくった時に、スミレがゴハンを食べていると大喜びするものだから、一生懸命に無理して食べていたのかもしれません。。。
それもわざわざ後ろから1粒ずつ目の前に持ってきて食べるのです。

PC120674.jpg
「ママン見てごらん~、スミレ食べてるよー」と安心させるように。
それはけっして食べている“フリ”ではなくて、本当に食べているから、私も昼間食べていない分、食べさせようと思ってしまって…。

最後の1ヵ月くらいはこんな感じで、昼と夜が逆転してしまっていました。
それでもこの寝室でのディナーの時間は、私とスミレの大切なコミュニケーションの時間。
スミレにはこの時間が呼び水となって、朝までにシード全てを食べ切ることも多々あったのです。


最後まで健気で、いじらしくて、頭が良くて、愛しかったスミレ。
旅立つ日の朝までちゃんとゴハンを食べて、いいウンチして、、、
最期はそんなに苦しい時間が長く続くこともなく、そして、直前まで元気だったので、ガリガリに痩せてというわけでもなく、とてもキレイな状態で旅立っていきました。
もちろん私は、ボロボロになるまで闘ったインコちゃんをとても尊敬しているし、何よりも美しいと思っているのですが、でもスミレはスミレらしく、旅立って行ったのではないかなと思っています。

スミレとしては、パパが休みの日で、病院で先生や看護師さんにも挨拶して、今がお空に帰る時だと、自分でタイミングを選んだのかもしれない、と。
都合よく考え過ぎだとは自分でも思うけれど、今はスミレのためにも、そう思いたいです。








とりあえずスミレの最期の状況を、今まで応援してくださった皆さまにお伝えしたく、ただただ書き起してみましたが、私の気持ちはどうなのかというと、ここにはとても書き表せるものではなく、何を書いても違うというか、嘘になってしまうというか、色々な気持ちがごっちゃになって、うまく表現することができません。
今でもあの時、あれでよかったのか、こうした方がよかったのか、こうするべきだったのか、こうして欲しかったんじゃないのか、、ずっと自問自答しています。。。
けっして後悔しているつもりではないのだけれど、でももう、これから先どうしていいのか分かりません。
今は何を見ても、何をやっても、すべてがスミレと繋がっていて、涙が止まらないのです。


スミレは私のすべてでした。
私の生き甲斐でした。
スミレと出会ってからの5年と7ヵ月、私は本当に幸せでした。



旅立つ2日前の写真。
PC180774.jpg
この日は昼間もよく食べていて、とても調子よさそうでした。


PC180783.jpg
鼻水で汚れちゃった前髪。
20日はお注射だけで、25日のクリスマスの日に、お鼻を洗ってキレイにしてもらう予定でした。


PC180782.jpg
こうやって昔から、ママンの小指と鼻でのカキカキだけは、許してくれたんだよね。


PC180779.jpg
スミレちゃん…。
あなたがいなくなってしまった今、ママンはいったいどうしたらいいの…?







今まで応援してくださった皆さま、こんなご報告になってしまい申し訳ありません。
そしてスミレのことを可愛がってくださり、本当にありがとうございました。




最後に。

12月11日(木)に撮ったスミレの動画です。
ジュニオの「葉っぱたべるひとー」のおしゃべりに、合いの手(ピィ♪)を入れるスミレです。
ロープをクルクルまわって、ワクワクしながら葉っぱを待っています。
旅立つ日も、ちょうどこんな風にミカンを欲しがり、元気に頑張ってくれていたので、もしよろしければ見てやってください。






今までスミレのことを温かく見守っていただき、本当にありがとうございました。
どうぞ皆さまと皆さまのインコちゃんたちが、ずっとずっと幸せでありますように


sumiremaman




ポチッと押してね♪
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。

DIY industrial styleなゴミ箱 - 2014.12.18 Thu

我が家の狭いキッチンで、置き場所に困っているのが、ビン・缶・ペットボトルなどの資源ゴミ。

PC070625.jpg

適当な入れ物にドサッと入れているのですが、見た目もイマイチだし、後ろに置いてある物を取るのに、いちいちヨイショと持ち上げてどかすのが、ものすごく面倒
布製だからペコペコしていて、あまりのカッコ悪さに、思わず縮小表示にしていまいました





そんな時に見つけたウェブサイト
industrial-style-laundry-hamper.jpg
The Shabby Creek Cottage



そっか!キャスター付ければいいのか!
これは「洗濯物入れ」として作られたようですが、このアイデアいい~


さっそく、材料を手配。
布製だった入れ物は、衛生面を考えて、上記サイトのようなスチール製のものに買い替えました。



買ったのはこれ↓。
ikea-knodd-1.jpg
IKEA KNODD ふた付き容器, ブラック


ikea-knodd-2.jpg
これ、蓋部分がこうやってフチに掛けられて、けっこう便利です♪



実は、IKEAにはあまり行ったことがなくて、この時がたったの2回目。
IKEAって、ショップ全体を見ると、「わぁ、本当にスウェーデンに来たみた~い♪素敵~♪♪」なんて思うのですが、じゃあいざ何を買う?ってなると、意外とないのですよね…。
家具なんて特にピンと来なかったりして。

でも最近、IKEAの家具はリメイクして使うものだと知り、なるほど~!と見直しています。
たとえば、シェルフユニットはパイプの脚を切って長さを調節したり、ゴールドにペイントし直したり。
元々ついていたガラスの棚板を外して、無垢材の板をはめ込んだり。
チェストも布を貼ったり、取っ手を違うものに付け替えたり。
引き出しを開き戸に変える、なんていうのもあったな。。。
海外のサイトとか見ていると、ホント皆さん色々と工夫されているんですよねぇ。すごいなぁ。。。


それはさておき、家具は難しくても、小物類なら使えるものがたくさんありそう!
それに、本当に値段がお手頃なんですね!びっくりしちゃいました。
ということで、この容器の他にも、もうひとつ買ったものがあるのですが、それはまた別の機会に書き留めておきたいと思います。





さてさて、そして。

  ⇓
  ⇓
  ⇓


PC130685a.jpg
できましたぁ~~~~♪♪♪


どかしたい時は、足でポンって蹴ればいいの。らくちん~


ちなみにキャスターは、参考サイトのような大々的な取り付け方ではなく、100均で買ってきた安いキャスターを、強力両面テープで底に貼り付けただけです








━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・🐤







午前中、朝ご飯を食べて、おしゃべりして、歌の練習をして、洗濯カゴにケンカを売って、、、
遊んで騒いで疲れたジュニオは、午後になるとお昼寝タイム


PC020571-3.jpg
お気に入りのヘチマに寄り添って、ま~ったり。




ブロ友さんから頂いたヘチマカロン
最初の頃は、こんなに綺麗な黄色でした。
P6184428a.jpg
マカロンなら、私のいちばん好きなシトロン味




でも熱湯消毒の度に色が落ちていき、、、
PC020572-3.jpg
ただのヘチマになってしまいました




PC020559-2.jpg
「ナチュラルでいいでしょ?ぼく気に入ってるんだから捨てないでね」


うんうん、わかってるよ♪
齧り倒すまで使おうね~





にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。

オリジナルソング「泣きました」 - 2014.12.11 Thu

PC070585.jpg
旦那さんのワ-クスペース。
すっかりジュニオの遊園地と化しております



PC070591.jpg
パパと一緒でご機嫌のジューちゃん
「パパのお休みの日は、たのちいなぁ♪」



ちょっと近づいて撮ってみようとすると…
PC070598.jpg
「ん?」



もっと近づこうとすると…
PC070599.jpg
「それ以上近づくな」と、もこヘッド。



そのまま動かないでいると…
PC070603.jpg
もっこもこになってきた

これ以上近づくのはキケン
こりゃ咬まれるな。


わかったわかったジューちゃん、ママンはあっち行くね。
と伝えると、、、


PC070605.jpg
戻ったww






<動画です>

オリジナルソング「泣きました」を歌うジュニオです。
なんだか色々な歌が混じってますが





♪ジュニジュニ ちゃんちゃん 泣きました

♪マメマメ 泣きました

♪オー パッキャマード パッキャマード 泣きました





なんなん?それぇ??笑





ポチッと押してね♪
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。

やめられない - 2014.12.09 Tue

スミレの「ピィ!(起きたよー)」という鳴き声で目覚めた朝は、穏やかな1日の始まり。
逆に、いつまでも寝ていて鳴かない朝は、緊張が走る1日の始まり。

午前中はいつも戦い。
いつでも病院に駆け込めるように身支度を整えて、小鳥たちの体重チェック、餌やり、ケージ掃除。
スミレの様子を合間合間でチェックしながら、家事を済ませる。
その日の用事の大半を午前中のうちに済ませたいので、朝はいつもバタバタ。



そして、スミレが今日は何とか元気に過ごしてくれるだろうと安心できると、やっと一息つける午後。



な~んて理由にかこつけて、私が最近やめられないのが「おやつ」。

PC070637a.jpg
ハマっているのは Taiyaki with ice cream




PC070638a.jpg
どうしよう、やめられなーい。








そして、ふと視線を感じる。









PC080660.jpg




PC080660-s.jpg
「あたちのは?」





ママンの姿が見えると、キャッキャ♪して落ち着かないスミレ
お注射を始めたとはいえ、発情を誘因するようなことは避けなくては。
なので、暗くならない程度にケージ前面をタオルで覆い、中の様子がチェックできるように端を少し空けています。
でも、おやつの時間を感じ取ると、決まってそこからジ~~ッと覗くスミレなのでした





にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

sumiremaman

Author:sumiremaman
東京都在住。
大好きな小鳥とインテリアと趣味の海外旅行などについて、アレコレ気になったことを綴っています。



■スミレについて
羽衣セキセイインコ 
怖いもの知らずで人間がだぁ~い好き♪な女の子。
感染症、呼吸器、生殖器、消化器、数々の病気を乗り越えてきた頑張り屋さん。
※2014年12月20日 天使になりました。
享年5歳と7ヵ月でした。


■ジュニオについて
マメルリハインコ
カキカキとおしゃべりが大好きな甘えん坊の男の子。
ヒマワリと歌をこよなく愛するピースフルなキャラクター。


■スモモについて
モモイロインコ
困るくらいにママンにベッタリの甘えん坊。 
ショップにいた期間が長かったので、得意なおしゃべりは「こんにちは」と「バイバイ」
ツーステップを踏みながら「こんにちは~」頭をフリフリしながら「バイバ~イ」
愛嬌ある男の子です。

script*KT*

月別アーカイブ

カテゴリ

小鳥 (235)
ジュニオ (68)
スモモ (5)
スミレ (134)
スミレ闘病 (10)
小鳥用品 (39)
インテリア・雑貨 (58)
モビール (4)
カッティングシート (4)
グリーティングカード (11)
トップ画像 (2)
掲載誌 (4)
Travel.旅行 (115)
フランス (29)
スイス (4)
モナコ (1)
イタリア (6)
スペイン (1)
ギリシャ (15)
モロッコ (1)
トルコ (2)
ドバイ (1)
アメリカ (13)
カリブ海 (2)
フィジー (1)
セイシェル (8)
台湾 (5)
フィリピン (7)
タイ (1)
インドネシア (1)
国内 (13)
Food.食 (17)
Health & Beauty.美容 (4)
ファッション (11)
ビーズ (9)
犬 (19)
金魚 (2)
大事なこと (6)
お友達 (26)
はじめまして (2)
未分類 (28)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。