おちり倶楽部。へようこそ!

2017-06

フレンチアルプスとスイス鉄道の旅 ~美食の街リヨン その2~ - 2013.08.07 Wed

リヨンといったら bouchon(ブション)でしょ~、ということでランチに選んだお店はここ。
P7064586.jpg
Cafe des federations(カフェ・デ・フェデラシオン)

実は前もって調べておいたお店が2件ほどあったのですが、両方ともなぜかやっていなくて、急遽“地球の歩き方”に載っていたこちらのお店に変更することに。

繁盛店ということもあり混むことは予想していたのですが、オープン時間に合わせて行ったので小さなテーブル席になんとか座ることができました。

じきに満席になり、私たちの2~3組み後には予約なしだと断られて帰る方も。
早めに来てよかったぁ~。。。
前もって予約できればいいのですが、英語もフランス語もダメな私は電話での予約だなんてもってのほか。
早めに行って「なんとか入れてぇ~ おでがいぃぃい」と懇願するしかないのです


P7064568.jpg
男の人ってなんでタオルで顔拭くんですかね?
耳とか首の裏まで拭きますよね。
リヨンにいるはずなのに、なぜか新橋にいるような錯覚を覚えるママンです…。


さて、店内はまさに新橋…じゃなかった ビストロな雰囲気。
実際には“ビストロ”と“ブション”の違いは色々あるみたいですが…。

それにブションがあまりにも名物になったため、偽物のブションが乱立し、近年では authentique bouchon lyonnais(=リヨンの真のブション) という、協会 Association de Défense des Bouchons Lyonnais によって「本物」であると認められた店だけが掲げることができる認定プレートまであるそうです。

authentique bouchon lyonais
リヨンの人形・ギニョールがワイングラスを手にしている絵が描かれた認定プレート。
顔が赤くなっているのはワインを飲み過ぎたからなんだとか。笑

認定の基準は、“pot”と呼ばれる上げ底瓶で提供されるワイン、赤と白のチェックのテーブルクロス、伝統的なリヨン料理を提供する店、もてなしの心のある店、個性の強い店主…などなど、たくさんの項目があるようで、、、本当のブションであるためには色々と大変なんですね。。。




さてさて、ブションといったら飲み物は、認定の基準にもなっているpotのワインを頼むのがお約束だと思うのですが、喉の乾いた私たちは、そんなことは無視してビールを注文。
「とりあえずビール」で喉を潤すという日本人らしさを振り撒きつつ、しばし待っていると、さぁ始まりましたよ~♪

P7064570.jpg
まずは有無を言わさず前菜が各テーブルに運ばれてきます。それもすごい量。



P7064571-3.jpg P7064572-3.jpg
Charcuterie lyonnaise(リヨン風シャルキュトリー) →サラミとピクルス
Caviar de la Croix Rousse(キャビア·デ·ラ·クロワ·ルース) →レンズ豆?
La salade du jour(日替わりサラダ) →う~ん…なんだったっけ、これ。セロリだったかな…?
Rillette de harengs(ニシンのリエット) →パンにつけて食べると美味しい♪

どれも美味しかったのですが、特にレンズ豆は最高♪
マスタードとマヨネーズと…なんだろう?何かスパイスが入っているようだけれど、分からない…。
けっこうなボリュームだったのですがほぼ完食し、前菜だけでお腹が一杯になってしまいました。。。


とここで、店主と思しき男性がテーブルをまわり、メイン料理の説明を始めました。
私たちには英語と日本語、そしてジェスチャーを交えながらの丁寧な説明。
他の女性店員が、もし日本にいたら「やる気ないんなら辞めろっ」と言われんばかりの無愛想っぷりなのに対して、こちらの男性はニコニコととても気持ちのよい接客をしてくれました。



前菜でお腹が膨れてしまいましたが、主菜がやってきましたよ♪

P7064575.jpg



P7064577.jpg
Tête de veau sauce ravigote(仔牛の頭)
旦那さんは、店主のジェスチャーと日本語説明でやけに耳に残った「仔牛の頭」をチョイス。



P7064574.jpg
Poulet au vinaigre
私はチキンビネガーを選びました。

うまい!うまいですよっ!!本当に美味しいっ!!!!
まあなんてお肉の柔らかいことっ!口の中で溶けちゃいます。
見た目そのまんま確かに濃いぃぃ~こってり系の味なのですが、なんだろう??とても繊細な味がします。

・・・・・・・・・。

無理。グルメレポート無理。私、ボキャブラリー少ないから
どうぞ写真で想像してください。(おい)





添えてあったライスまでペロリと平らげ、お腹がはち切れそうな私たち。
でもまた注文を聞きに店員がまわってきました。今度は女性店員です。

あんたたち、次はチーズかデザートなんだけどどうする?
デザートならチョコレートケーキか、ホニャララかホニャララかホニャララ…
どれにすんの?早くしてよ


ってな具合にデザートの注文をとりに来ました。
やばいっ!チョコレートケーキ以外まったく聞き取れないっ!!
もう1回言ってくれとお願いしたら、面倒くさそうに繰り返してくれたのですが、やっぱり全部は分かりません…。

とりあえず私は、最初に言ったのがきっとオススメに違いないと勝手な思い込みでチョコレートケーキを注文。
旦那さんはアイスクリームを頼みました。


ほどなくしてチョコレートケーキと、アイスクリームにスプーンがぶっ刺さって登場。笑
アイスクリームはスプーンごとキンキンに冷えています。えぇ、アイスから抜けないくらいにね。
P7064582-3.jpg P7064580-3.jpg
Moelleux au chocolat  
Dessert maison(自家製デザート)

う~ん…これで合ってるのかなぁ?いえね、これホームページ見てメニュー書いているんですけれど、アイスクリームらしきものが見当たらないのですよ、自家製デザートしか…。

このお店は口頭でのメニュー説明のみで、紙メニューはありません。
もし行かれる方で私みたいに語学に自信のない方は、前もってホームページでメニューを確認しておくといいかも。


それにしてもデザートも美味しい!
チョコレートケーキは中がとろっとしていてあたたかくフォンダンショコラのような感じで、まわりのバニラソースをつけて食べるととってもクリーミ~❤ 片やアイスクリームはレモンの効いたチーズケーキにフランボワーズのソースがかかったような、すっぱくて爽やかなお味❤ 

実はすっぱいのが苦手な旦那さん。アイスクリームがすっぱいすっぱいって言い出しました
けっきょく私のチョコレートケーキと交換してあげたんですよ…
まあ私はすっぱいのが好きなので良かったんですけれど。





以上、カフェ・デ・フェデラシオンの19.5ユーロのランチでした。

それにしてもランチといえども、どれもが巨大なお皿でけっこうなボリューム。味はもちろん大満足!!
ディナーとなったら一体どんなことになってしまうのかしら…。
リヨン、やっぱり美食の街かも。




━━━━━━━━━━━━━━━━━………‥・・・・✈




前回のクイズの答えです。


フルヴィエール大聖堂の中にあったのは…
P8035983.jpg
デメルのチョコレート!

ではなくて、、、


これです↓
P8035968.jpg
メダリオンでした~。


メダリオンとは、ガンガンガン!とスゴい音で刻印するアレ。“記念メダル”ってやつです。
ムキになって収集しているわけではありませんが、2006年頃からなんとなく集めています。
海外版は最近になって集め始めました。


P8075990-2.jpg P8075994-2.jpg
左が今回のフルヴィエール大聖堂で、右は去年行ったシアトル。
海外のは刻印できないけれど、でも思い出に残るから楽しい♪ まさにスーベニールです。


今まで集めたメダリオンには鳥さんもあるんですよ~♪
P8075996-2.jpg
長崎ペンギン水族館 と、出水市ツル飛来センター
カラーなところもお気に入りです




ポチッとお願いします!
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

お~~続きだ!!待ってました。
どれもこれもおいしそう。
まずは写真を眺めて、これからゆっくり文章も読ませていただきますよー!
メダルも、ママンが持ってると「それいいね!」って思っちゃう。
なんでもすてちに変えちゃうママンって、やっぱりすごい。

あ、今度ダンナさんのこともいろいろ聞かせて~~~❤
私の某お知り合いは、今日からパリだそうです。
「パリからまた連絡します」って、あぁこれ20台の頃言われてたら
く~~らくらv-41してただろうな(笑)
フランス、ばんざーい!!

>Nonさん
ぎょわっ!コメントめちゃ早くてビックリしたー。
と思ってたらこれから読むんかい!笑
でもありがとー♪たらたらと長いけど読んでくれるなんて。

ぷぷ。それってロンドンまで飛行機で送ってくれるって人?
それともあっちの人~?
重なる時って重なるよね。自分の想いとは裏腹に。ぷぷぷ❤
く~~らくらの後の炎のマークにウケてしまったわ。
怒ってるのかと思ったわ。笑

こんばんはー、ちゅん子です♪

にゃうー!こちらにもコメントさせていただきます♪

そうそう!!メダリオンです!!!!!
前回コメントさせていただくとき、すっかり忘れてしまいました~!!
せっかくのくいじゅだったのにーん!!
当たったら10万円だったのにーん!!(←違います!)
あのメダルのマシーン、ヨーロッパではよく見かけますよね。
メダリオンという名前とは知りませんでした。
でも!日本にもあるんですね~~♪
カラーだし♪ペンギンさんかわいい!!

それにしてもママンさん達、フランス語の店員さんのメニュー説明を
理解できるなんてスゴイです。
私、おフランス語はちんぷんかんぷんでーす!!えへん!!
レストランもそうですけど、スーパーの店員さんとか
日本人のホスピタリティというんでしょうか、接客は素晴らしいと思いますよね。。

それにしてもおいしそうなお料理たち!!
山盛りポテトが出てこないのはさすがフランスですね♪
(オランダとか北欧とか行くと、死ぬほど山盛りポテトがもれなくついてきます♪
おいも大好きなので、最初は嬉しいんですけど、数日続くと・・・・・・
イエ嬉しいですけど、ちょっとキツイ時もあります。。)

>ちゅん子さん
わーい♪こちらにもコメントありがとうございます!
ヨーロッパにあるのをご存知で日本のメダリオンをご存知ないなんて!
ちゅん子さんったらすごいわ。
日本の記念メダル知りません?がんがんがん!って刻印するやつ。
私が歳だからかな…笑

あ、店員さんはフランス語じゃないですよi-201
外国人には英語で話してくれるんですけれど、
私の語学力がなさ過ぎて聞き取れないのですよi-201
それにいやいや、アルプス方面ポテトばっかり!!
スイスなんてじゃがいもとチーズしか食べ物ないんですから。(言い過ぎ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumirehagoromo.blog48.fc2.com/tb.php/474-686f4b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フレンチアルプスとスイス鉄道の旅 ~美食の街リヨン その3~ «  | BLOG TOP |  » フレンチアルプスとスイス鉄道の旅 ~美食の街リヨン その1~

プロフィール

sumiremaman

Author:sumiremaman
東京都在住。
大好きな小鳥とインテリアと趣味の海外旅行などについて、アレコレ気になったことを綴っています。



■スミレについて
羽衣セキセイインコ 
怖いもの知らずで人間がだぁ~い好き♪な女の子。
感染症、呼吸器、生殖器、消化器、数々の病気を乗り越えてきた頑張り屋さん。
※2014年12月20日 天使になりました。
享年5歳と7ヵ月でした。


■ジュニオについて
マメルリハインコ
カキカキとおしゃべりが大好きな甘えん坊の男の子。
ヒマワリと歌をこよなく愛するピースフルなキャラクター。


■スモモについて
モモイロインコ
困るくらいにママンにベッタリの甘えん坊。 
ショップにいた期間が長かったので、得意なおしゃべりは「こんにちは」と「バイバイ」
ツーステップを踏みながら「こんにちは~」頭をフリフリしながら「バイバ~イ」
愛嬌ある男の子です。

script*KT*

月別アーカイブ

カテゴリ

小鳥 (235)
ジュニオ (68)
スモモ (5)
スミレ (134)
スミレ闘病 (10)
小鳥用品 (39)
インテリア・雑貨 (58)
モビール (4)
カッティングシート (4)
グリーティングカード (11)
トップ画像 (2)
掲載誌 (4)
Travel.旅行 (115)
フランス (29)
スイス (4)
モナコ (1)
イタリア (6)
スペイン (1)
ギリシャ (15)
モロッコ (1)
トルコ (2)
ドバイ (1)
アメリカ (13)
カリブ海 (2)
フィジー (1)
セイシェル (8)
台湾 (5)
フィリピン (7)
タイ (1)
インドネシア (1)
国内 (13)
Food.食 (17)
Health & Beauty.美容 (4)
ファッション (11)
ビーズ (9)
犬 (19)
金魚 (2)
大事なこと (6)
お友達 (26)
はじめまして (2)
未分類 (28)