おちり倶楽部。へようこそ!

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチアルプスとスイス鉄道の旅 ~ゴールデンパスライン その1~ - 2013.10.24 Thu

たらたら書いている旅行記も、やっとのことでスイス鉄道に突入。
年内に書き終わるかしら…。


P7105080.jpg
今回の旅のメインイベント!
ゴールデンパス・ラインです!!

ゴールデンパス・ラインとは、3つの鉄道会社の路線をつなぎ、ルツェルンからモントルーまでのスイスの中央を駆け抜ける夢の横断ルートです。


とここで、3つの鉄道の覚書。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━………‥・・・・

【MOB(モントルー・オーベルラン・ベルノア鉄道)】 モントルー ⇒ ツヴァイジンメン 

【BLS(レッチベルク鉄道)】 ツヴァイジンメン ⇒ インターラーケン 

【ZB(国鉄ブリューニク線)】 インターラーケン ⇒ ルツェルン 

━━━━━━━━━━━━━━━━━………‥・・・・



特にモントルーからツヴァイジンメン間の列車は、先頭車両が展望車両になっている「ゴールデンパス・パノラミック」、またはオリエント急行仕様の豪華車両を連結した「ゴールデンパス・クラシック」があり、どちらもスイスが誇る素晴らしい特別車両で、この列車に乗りたいがために、スイスを訪れる人もいるのだとか。




私たちが乗った列車はもちろん、パノラミック!
P7105066.jpg
クラシックやノスタルジックよりも、最新モードやクールでモダンが好きな私たちですからー。



P7105067.jpg
アルプスの景色が描かれている車体部分も



そしてそして先頭車両には…
P7105060-15.jpg
先頭部分がガラス張りのVIP席「グランビュー」が! 
わずか8席だけの特別席です。おお~~。



P7105069-15.jpg
そのVIP席に入り、ビデオカメラを回す怪しい日本人…。
旦那さんです。笑

ええもちろん、チケットなしではこのVIP席に立ち入ることはできませんよ。
なんと旦那さんがこのVIP席を予約してくれていたんです!!(ここは太字で書いておかないと)
ありがたや~~~~



P7105063.jpg
さてさて、じゃあ私も乗りましょうかね。



P7105082.jpg
うーわっ、ぱのらみっくぅぅぅう~~~



P7105081.jpg
ささ、先頭へ先頭へ。
先の方に旦那さんの黄色いリュックが見えてるし。笑



P7105071.jpg
すでにゴキゲンさんで座ってるし。笑



P7105111.jpg
私の座席番号は81でいちばん左端。



P7105112.jpg
モントルーからツヴァイジンメンまでのマップ。


では出発~。



P7105084.jpg
モントルーを出発すると、レマン湖を横目に、ぐいぐいと高度を上げていきます。



P7105088.jpg
わーモントルーよ、さようなら~~。



P7105090.jpg
旦那さんは中央の席で撮影位置としてはバッチシのようです
ちゃんと計算して座席を予約していたのね。かちこい人。

ちなみに端っこの席は、真ん前を見ると若干ワイパーが邪魔だったりします。。。



P7105106.jpg
住宅街の庭先やブドウ畑を横切って森の中へ。
峠のトンネルをくぐり抜けると景色が変わりました。



P7105108.jpg
谷あいの牧草地にどこまでも続くのどかな山あいの景色。



P7105116.jpg
まるでハイジが出てきそうです。
おじーさーーん!



P7105124.jpg
ごつごつした岩肌。
アルプスって感じです。



P7105119.jpg






P7105113-955.jpg P7105120-955.jpg
P7105147-955.jpg P7105097-955.jpg
駅も山小屋風でかわいい♪




P7105126.jpg
途中で気になった町がありました。



P7105131.jpg
慌てて撮ったんですけれどね、案の定建物の横しか写っていませんが。
これ、ヴィトンなんですよ!
他にもたくさんの一流ブランドがこの通りにズラーッと並んでいたのです。
ちゃんと山小屋風のショップになっていて景観は崩していませんが、なんだかビックリ。



P7105133.jpg
街の名前はGstaad(グシュタード)。
ヨーロッパ各国の王室や映画スターが滞在する高級リゾートで、ホテルはすべて3つ星以上。
とってもゴージャスな町ということが判明。
隣に座っていたフランス人のご夫婦は、ここで降りて行きました。いいな~!



P7105141.jpg
その後もいくつかの町を通り過ぎ、のどかな風景は続きます。



P7105145.jpg
某ミネラルウォーターのラベルのような景色も続きます。


そしてあっという間に2時間が経過し、ツヴァイジンメンに到着してしまいました。
ゴールデンパス・パノラミックはこれでおしまい。
次は鉄道を乗り換えて、ツヴァイジンメンからインターラーケンを目指します。



つづく。





あ、そうだ。
P7105148-2.jpg
途中でゴールデンパス・クラシックとすれ違いました。
いつかまた乗ることがあったら、今度はクラシックトレインでグシュタードに行きたいなぁ。




ポチッとお願いします!
にほんブログ村へ参加しています。
読んだよの1ポチいただけると嬉しいです。
どうぞ応援の程おねがいいたします。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

わ~、ダンナさん、カッコイイ!

ん、もしかして荷物ってあれだけ?
たしかに、同じホテルを拠点とせずに歩き回るのなら
荷物は少なくなきゃだめよね。

>Nonさん
なんでこれでカッコイイってわかるのさww

そうなのよん。旦那さんの荷物は黄色いリュックだけ。
私はその横にチラッと写っている茶色いキャリーだけ。
ふたりして驚異的な荷物の少なさだよ。
でもね、この前三泊四日で沖縄に行った時、まったく同じ荷物量だった…。
どうやら私は、持っていく荷物に距離と日数は関係ないらしい。

ママン、なぜ分かるかって?
それはですね、漂ってくる雰囲気!
いいな~、楽しい旅。
私も飽きるほど顔見ていたい...
というか、むしろもう飽きたいわv-359

あの荷物の少なさは夫婦だから出来ることかも~。
私、向こうで人に会うでしょ。
やっぱり友達でも他人行儀なんで
何回か会うとなると、いちいち服も替え靴も替え。
バカだなって思うんだけど、ブーツ2本とか持って行くんだよ。
でっかいスーツケースに23キロ超の荷物じゃだめね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sumirehagoromo.blog48.fc2.com/tb.php/491-b874c05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フレンチアルプスとスイス鉄道の旅 ~ゴールデンパスライン その2~ «  | BLOG TOP |  » フレンチアルプスとスイス鉄道の旅 ~モントルー~

プロフィール

sumiremaman

Author:sumiremaman
東京都在住。
大好きな小鳥とインテリアと趣味の海外旅行などについて、アレコレ気になったことを綴っています。



■スミレについて
羽衣セキセイインコ 
怖いもの知らずで人間がだぁ~い好き♪な女の子。
感染症、呼吸器、生殖器、消化器、数々の病気を乗り越えてきた頑張り屋さん。
※2014年12月20日 天使になりました。
享年5歳と7ヵ月でした。


■ジュニオについて
マメルリハインコ
カキカキとおしゃべりが大好きな甘えん坊の男の子。
ヒマワリと歌をこよなく愛するピースフルなキャラクター。


■スモモについて
モモイロインコ
困るくらいにママンにベッタリの甘えん坊。 
ショップにいた期間が長かったので、得意なおしゃべりは「こんにちは」と「バイバイ」
ツーステップを踏みながら「こんにちは~」頭をフリフリしながら「バイバ~イ」
愛嬌ある男の子です。

script*KT*

月別アーカイブ

カテゴリ

小鳥 (235)
ジュニオ (68)
スモモ (5)
スミレ (134)
スミレ闘病 (10)
小鳥用品 (39)
インテリア・雑貨 (58)
モビール (4)
カッティングシート (4)
グリーティングカード (11)
トップ画像 (2)
掲載誌 (4)
Travel.旅行 (115)
フランス (29)
スイス (4)
モナコ (1)
イタリア (6)
スペイン (1)
ギリシャ (15)
モロッコ (1)
トルコ (2)
ドバイ (1)
アメリカ (13)
カリブ海 (2)
フィジー (1)
セイシェル (8)
台湾 (5)
フィリピン (7)
タイ (1)
インドネシア (1)
国内 (13)
Food.食 (17)
Health & Beauty.美容 (4)
ファッション (11)
ビーズ (9)
犬 (19)
金魚 (2)
大事なこと (6)
お友達 (26)
はじめまして (2)
未分類 (28)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。